読書・勉強など「集中力を上げたい」時に飲むハーブ3選

5c0bfc47e3784be001ac56b84676c28c_s

仕事などの資料を読んだり勉強したりする時、できれば効率的に行えたらいいですね。

ところが、実際は、さまざまな事情でなかなか集中できないケースが多く、文字を読んでも頭には入ってこないとか、集中できないということが多いものです。

こんなシーンで、何とか「集中力を上げたい」と思われる方も多いことでしょう。そういう時に効果があるハーブティがありますので、ご紹介しましょう。

1.ローズマリーは集中力・記憶力を高めるハーブ

記憶力や集中力を高める効能があるのは、ローズマリーです。ローズマリーはシソ科の植物で、地中海沿岸に生息しています。

ローズマリーは血行をよくしますから、脳の働きを活性化します。確かに、ローズマリーの香りを嗅いでいると、頭がスッキリしてきますね。

強い香りに含まれている成分が、脳への血液循環を促進し、脳神経系のリフレッシュに働きかけていると考えられます。また、ローズマリーのハーブティーは心の疲労とか、ストレス緩和などをしてくれる効能があります。

眼が覚めてしまうような香りと成分が、気力を回復させ、自ずと集中力がアップさせ、結果として記憶力も高まるという循環を作り出すのでしょう。

♦カルノシン酸と呼ばれている物質は、脳神経を活性化させる!

ローズマリーはシソ科に所属し、主成分は、こちらもフラボノイド、フェノール酸、タンニンその他で構成されていますので、抗菌作用も抜群。風邪などの時にも有効です。

また、ローズマリーに含まれるカルノシン酸と呼ばれている物質は、脳神経を活性化させたり保護する作用があるので、認知症の予防に効果があるといいます。この作用で、脳の萎縮を予防したり改善させるというのです。

飲み方は簡単で、小さじ1をティカップに入れ、7分位蒸らして飲みます。味わいはさっぱりとしています。飲みにくいという場合は、ハチミツなどを加えるといいでししょう。

なお、ローズマリーには、子宮を収縮させる作用があるため、妊娠中の方は控えた方がいいでしょう。

2.ギンコウは血流を良くし記憶力、集中力アップを促進!

ギンコウというのは、イチョウの葉のことですが、イチョウの葉は 脳の働きを活性化する効能があることは知られています。

事実、イチョウ葉に含まれているギンコライドという成分が、脳内血流をよくするといわれ、ドイツでは、脳内の血流が悪くなって起こるといわれる認知症の予防や改善にと研究開発されています。

先に「疲れた脳をリラックスさせる」という項目でもご紹介しましたが、記憶をしたいとか集中力を必要とする時に、効果を発揮します。

認知症研究でも、ギンコウの脳内の血流の力に注目されている位ですからギンコウは、脳内の血流を高め、脳を覚醒させて記憶力や集中力を高めてくれるハーブと言って過言ではないでしょう。

これも、ギンコウの成分に血管拡張作用があり、あらゆる器官の血液の循環を促進させる作用があるからでしょう。

♦血行循環改善で肩凝り、耳鳴りなどにも効果あり!

ギンコウはイチョウ科に所属し、体全体の血行循環を促進してくれますから、肩こりや冷え性なども改善してくれます。

いろいろな不調も、血液のうっ血から来ていることが多いですから、ギンコウティを飲めば、そうした諸々の不快症状も改善され、ここという時に記憶力や集中力を高めるという作業も可能になるでしょう。

資格試験とかプレゼンなどの時に、ぜひ活用してほしいものですね。

ギンコウティーに使用するのは、青葉の葉の部分です。飲み方は、大さじ1杯に熱湯を注ぎ3~5分蒸らして完了。胃薬のような香りで味はほとんどありませんが、冷めると苦味が出てきます。

ギンコール酸が多く含まれている為、イチョウ製剤にアレルギー反応のある方は、注意が必要です。子供さんへの飲用も避けましょう。

3.香りで気分スッキリ!集中力も上がるペパーミント

ミントには多くの品種がありますが、ペパーミントにのみミントポリフェノールが含有されています。

このポリフェノールは、活性酸素という有害物質を除去する働きがありますから、スペアミントリーフを選んだほうが賢明でしょう。清涼感のあるハーブティは、疲れを解消し集中力を高める効能がありますから、集中する仕事の効率を上げる助けにもなるでしょう。

眠気を覚まし、頭をスッキリさせてくれる効能がありますから、追い込みの時にコーヒーがわりに飲むといいでしょう。きっと、頭はすっきりして記憶力、集中力はアップする効果も上げられるでしょう。

ミントの爽やかな香りと味は、口コミでも人気があります。

♦期限は古代エジプト時代に遡るハーブ

ミントの起源はエジプト時代。シソ科のハッカ属に所属し、主成分はメントール、フラボノイド、アズレン、タンニンその他でフラボノイドはポリフェノールの一種ですから、抗菌力に優れ、風邪対策や花粉症対策にも使えるといわれます。

清涼感のある香りのペパーミントは鎮静効果もあり、心身をリラックスさせてくれます。

飲み方は、やはり直接カップに入れて熱湯を注いで、そのまま飲むのが簡単で長続きするでしょう。ドライの場合は 小さじ2杯に95~98℃のお湯を注ぎ、フタをして2~3分間で出来上がり。香りは自然で清涼感があり、味は穏やかです。

ミントポリフェノールは水溶性のため、ミントティとして摂るのが効果的です。なお、妊娠している方が、ミントティを飲む場合は、病院にご相談した方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。眼が覚めてしまうような香りで集中力をアップさせる「ローズマリー」、脳内血流をよくして記憶力・集中力をアップさせる「ギンコウ」、清涼感のある香りで目覚ましをしてくれる「ペパーミント」をご紹介しました。

これらのハーブティを飲んでいただけたら、きっと、集中力を高まり、読書や資格試験などの作業効率が良くなったことを実感なさることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

こんな記事も読まれています

  1. 3f119050ef0b2aee89bfe7fec4d9858c_s
    美容効果が高いと言われるジンジャーシロップと紅茶ですが、実際どちらの方が効果的なのでしょうか。 …
  2. b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s
    これから入学式・入社式を控えている方や転勤で新しい場所に異動する方・引っ越しをする方などが多い時期で…
  3. 814bc2fa6e56d9d2b04d4b26eb1a531d_s
    夏といえば、薄着になりますから体型が気になる季節です。スリムになりたいために、サラダだけでハードダイ…
  4. ジンジャーシロップ_02
    爽やかでウッディな香りの中にピリッと辛い味のするジンジャー、数ある健康食品の中でもジンジャーシロップ…
  5. 8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
    オーガニックとは、有機と同じ意味で、農薬や化学肥料に頼らず自然の恵みを生かした農法です。 微生…

ピックアップ記事

  1. 3f119050ef0b2aee89bfe7fec4d9858c_s

    2016-3-25

    ジンジャーシロップVS紅茶を徹底比較してみた

    美容効果が高いと言われるジンジャーシロップと紅茶ですが、実際どちらの方が効果的なのでしょうか。 …
  2. 4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

    2016-3-18

    どっさり!便秘に良いジンジャーシロップとは

    これまでダイエットやデトックスにジンジャーシロップが大活躍することを度々ご紹介してきましたが、便秘解…
  3. 80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

    2016-3-18

    ダイエット成功!ジンジャーシロップの口コミを集めてみた

    ジンジャーシロップといえば、体がぽかぽかして代謝が上がって、ダイエットに良さそうなイメージですよね。…

おすすめ記事

  1. yt_1200-vfl4C3T0K

    You Tubeで解説! ジンジャーシロップの作り方動画2選

    レシピは紙に書かれたものよりも、動画で実際に見たほうが理解しやすいですよね。 そこで、動画を捜…
  2. 8a814db5b038798aa86539ed3c846593_s

    不眠症に試してみたい安眠ハーブ5選

    眠りは、日々の暮らしのなかで大切なことですね。眠りの質が悪いとイライラしたり、仕事でケアレスミスが多…
  3. 5fb169c67d8374d4743f76cef6d2e928_s

    家でもできるジンジャーシロップの作り方

    前回はジンジャーシロップを使った料理やスイーツをご紹介しましたが、「ジンジャーシロップ自体も手作りし…
ページ上部へ戻る