美肌意識がある人に! ビタミンが多く含まれるハーブティ4選

096f134002b31b1d7f9c753001fd0ce5_s

美肌は、女性の憧れですよね。どなたでも、シミやシワもなく肌トラブルのないツルツル肌を望むものです。

それには、ビタミンが関係しています。特に、若返りのビタミンはビタミンAとCとE。つめてエースと呼んでいますが、このビタミンが、アンチエージングのキーワードです。

ビタミンは、野菜や果物にたくさん含まれていますが、繊維質のものが摂りにくいという方もいらっしゃるでしょう。そういう場合、ビタミンが豊富に含まれたハーブティは便利です。今回は、ビタミンが、豊富に含まれる美肌作りのハーブをご紹介しましょう。

1. ビタミンCのパワーで美肌をつくるローズヒップティ

ローズヒップは、バラが咲いた後の実のことです。ローズヒップの特徴は、世界で一番の栄養素があるということです。

ビタミンC、ビタミンP、ビタミンE、トマトを上回るリコピンなどのポリフェノールやβ-カロチン、鉄分やカルシウム、カリウムなどミネラル分がずらっと並んでします。ビタミンCは、大腸に届いて乳酸菌などの善玉菌のえさとなって、腸内環境を整えるのです。

ローズヒップティのビタミンCは、リコピンに守られて壊れないビタミンです。しかも、レモンの20倍。ローズヒップは南米やヨーロッパが原産地。野バラの実を砕き乾燥させたお茶で、一般に飲まれるのは、ドッグ・ローズの赤い実。

以前の記事「ニキビ肌の人必見! 美肌したい人におすすめしたいハーブティ4選」のところでも書きましたが、今回は、美肌をつくるティという視点から、ローズヒップのビタミンについて書いていきましょう。

すでに書きましたが、ローズヒップは、ビタミンE、食物繊維、鉄分、カルシウム、リコピン、βカロチンが豊富に含まれていていますが、もうひとつ、ローズヒップティの優れたところは、ビタミンPの存在です。

♦ビタミンCがコラーゲン生成を促進する!

ビタミンPは、ビタミンCを熱から守る働きがあり、さらに、含有されるリコピンは、ビタミンCの吸収を助ける働きを持っています。

ローズヒップティは、このビタミンPやリコピンによって、ビタミンCを効率よく吸収できるのです。結果、抗活性酸素の力で、細胞は活性化され素肌は若々しさを得られるという訳なのです。

美肌の大敵は、皮膚トラブルで湿疹、シミ、シワ、ニキビなどですが、それは胃腸系の不調や便秘などが原因のことが多いものです。けれど、ローズヒップティは食物繊維も豊富に含んでいますから、便秘や胃腸不全も解消してくれます。

胃腸の状態がよければ、免疫細胞も増せますし、結果、免疫力も上がりますから皮膚トラブルも減少するでしょう。そういう良い意味での循環をローズヒップティは、作ってくれます。

ローズヒップティを飲んでいれば、摂りにくいビタミン、ミネラルを自然に摂取することができます。ビタミンA、C、Eは美容のビタミンです。これらを、必ずローズヒップティから摂取することができますので、あなたは、確実に美肌を手にすることができるでしょう。

ティの飲み方ですが、粉砕された実を取りお茶にして飲みます。実をスプーン1にお湯を注ぎ、フタをして2~3分蒸らして出来上がり。残った実にも、80%位の栄養成分が残っていると言われています。ぜひこちらも食べてしまいましょう。

2.ハイビスカスティーはクエン酸のおかげで疲労回復できる!

ハイビスカスティは、美しいルビー色のティ。アオイ科の植物で原産地は中国、スーダン、エジプト。

ハイビスカスティーの原料は、ローゼルというハーブを原料としています。ハーブティには、花の周りのガクの部分を乾燥させて使用します。ハイビスカスティだけでビタミンA、C、B群、ミネラルはカルシウム、鉄、銅、亜鉛を含みます。

これだけの栄養素があるのですから、当然美容にいいことは言うまでもありません。ここに、カリウムも含まれますから、コレステロール降下、血中脂肪分解、利尿作用も含まれますから、美容的にも健康効果としては、言うことなしというところでしょうか。

♦クエン酸が血液中の余分な脂肪の分解促進もしてくれる

鉄分は造血をして貧血を防いでくれます。さらに、ハイビスカスのルビー色はアントシアニンですから、活性酸素を阻害して細胞を活性化してくれますので、アンチエイジングにもつながるでしょう。

さらに、クエン酸効果もあり、血液中の余分な脂肪の分解促進、また、血液内の老廃物の運搬をスムーズにしてくれます。そういう意味でデトックス効果もあり、かつ、ダイエット効果もあると言えるでしょう。

ローズヒップティを飲み続けていれば、コレステロール値も下がり、血流もきれいになり、抗酸化作用のために細胞も若々しくなれるということなのですね。

ハイビスカスティの味は、クエン酸のために酸味が効いています。この酸味が苦手な場合は、はちみつかシロップを入れてもいいでしょう。

3.ビタミン・ミネラルが豊富なマテ茶

マテ茶は南米原産モチノキ科。通常マテ茶には、グリーンとローストの二種類があります。グリーンは葉を乾燥させたもの。

マテ茶が「飲むサラダ」と言われるゆえんは、ビタミンが多いということと、ミネラルが豊富であるということ、そしてポリフェノールも多いということです。その成分は、鉄分、カルシウム、亜鉛、マグネシウムなど豊富です。

また、ビタミンは、ビタミンA、B1、B2、C、Eやその他葉緑素、フラボノイドなどを含んでいます。これだけで、美肌的には効果抜群と言えるでしょう。ビタミンA、C、Eは、愛称エースと呼ばれていますから、それだけで「美容のビタミン」で通用する位です。ポリフェノールは、活性酸素を阻害して細胞を活性化するアンチエイジングのキー成分です。

♦「テオブロミン」という成分が血管を拡張し代謝アップする!

マテ茶の美容成分は、これだけで納まりません。茶葉に含まれる苦味成分である「テオフィリン」や、カカオにも含まれる「テオブロミン」という成分は、血管を拡張する成分が入っているのです。

この2つの成分のおかげで血流が良くなり、冷え性の解消や代謝アップにつながるのです。結果、肌にも潤いが出て肌もすべやかになりますし、健康的にもいいことこの上ないでしょう。

グリーンマテ茶は、葉を摘んだ後乾燥させて1年貯蔵させて、そのあと粉砕や精製したものです。グリーンマテ茶は、やや青臭みがあり、苦味も強め。コーヒーよりは少ないですが、カフェインを一定量含んでいますので、妊婦や子供さんは、注意が必要です。

4. 「ミネラル」「ビタミン」の宝庫! ルイボスティー

ルイボスは、南アフリカに生息するマメ科の植物です。その葉を乾燥させて使用します。

ルイボスティーには、活性酵素の働きを抑制するフラボノイドやカルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどの「ミネラル」がバランスよく含まれていますし「ビタミン」も多く含まれています。フラボノイドは、主に活性酸素を阻害し細胞を活性化しますから、肌は若返り美肌効果が期待できるというわけなのです。

♦SODが肌の老化を防ぎ、活性酸素が肌トラブルを防ぐ

また、ルイボスティーに含まれるSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素とミネラルが肌の老化を防ぎ、活性酸素が原因のシミとかシワ、ニキビなどの皮膚トラブルを防いでくれます。

また、活性酸素によって生じる花粉症などのアレルギー症状も、ルイボスティを継続して飲むことで軽減できるでしょう。同時に、この豊富なミネラルとビタミンは、腸内を活性化し腸内環境を整えてくれます。

このことによって、便秘状態が解消し、腸で作られる免疫細胞も活性化してくれます。 ルイボスティーは、ティカップを使うより、水から沸騰させて煮だす方法の方が、成分が沢山抽出されて効果が得られやすいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。美肌を作ってくれるハーブティ4点をまとめました。

  • ビタミンCのパワーで美肌をつくる「ローズヒップティ」
  • クエン酸のおかげで疲労回復できる!「ハイビスカスティ」
  • ビタミン・ミネラルが豊富な「マテ茶」
  • ミネラル・ビタミンの宝庫の「ルイボスティ」

サラダ代わりにビタミン、ミネラルが摂れてしまうのは、美肌を目指さない方でも手軽でいいですよね。

美肌は健康管理にもつながります。おいしくて、健康にもよくて、美肌にもなれてしまう「美肌のためのハーブティ」! まさに、神秘のハーブティたちです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

こんな記事も読まれています

  1. 3f119050ef0b2aee89bfe7fec4d9858c_s
    美容効果が高いと言われるジンジャーシロップと紅茶ですが、実際どちらの方が効果的なのでしょうか。 …
  2. b7f5baa4d3abab9fb59a78eee1f9605e_s
    これから入学式・入社式を控えている方や転勤で新しい場所に異動する方・引っ越しをする方などが多い時期で…
  3. 814bc2fa6e56d9d2b04d4b26eb1a531d_s
    夏といえば、薄着になりますから体型が気になる季節です。スリムになりたいために、サラダだけでハードダイ…
  4. ジンジャーシロップ_02
    爽やかでウッディな香りの中にピリッと辛い味のするジンジャー、数ある健康食品の中でもジンジャーシロップ…
  5. 8f6276b8548ceed34538d2d0fae01476_s
    オーガニックとは、有機と同じ意味で、農薬や化学肥料に頼らず自然の恵みを生かした農法です。 微生…

ピックアップ記事

  1. 3f119050ef0b2aee89bfe7fec4d9858c_s

    2016-3-25

    ジンジャーシロップVS紅茶を徹底比較してみた

    美容効果が高いと言われるジンジャーシロップと紅茶ですが、実際どちらの方が効果的なのでしょうか。 …
  2. 4a2c980501f0cb70723afed63fe27210_s

    2016-3-18

    どっさり!便秘に良いジンジャーシロップとは

    これまでダイエットやデトックスにジンジャーシロップが大活躍することを度々ご紹介してきましたが、便秘解…
  3. 80b2916e31bc53122a7337ce8c2462dd_s

    2016-3-18

    ダイエット成功!ジンジャーシロップの口コミを集めてみた

    ジンジャーシロップといえば、体がぽかぽかして代謝が上がって、ダイエットに良さそうなイメージですよね。…

おすすめ記事

  1. 9ddc0c5d3ede8ff93ad1f8b6745a7329_s

    ハーブティ「バジル」の意外な効能と作り方

    バジルはピザやパスタなどのイタリア料理でよく利用されている人気のハーブですね。 フレッシュバジ…
  2. a4b36d78b55a7465692d4ce4f4a48c96_s

    リウマチの方におすすめしたいハーブティ3選

    関節リウマチは、関節の潤滑油を供給する滑膜が炎症を起こし関節痛、腫れやこわばりなどが出るという疾患で…
  3. 1e314061df3ef23c95d234a39915e40d_s

    ダイエッターが密かに飲んでいるジンジャーシロップとは

    多くのダイエッターや芸能人が飲んでいることで有名なジンジャーシロップ。なんとなくダイエットに良いんだ…
ページ上部へ戻る